消費税増税・・・冷え込む経済・・・

 

店舗の売り上げが伸び悩んでいるオーナー様も多いのではないでしょうか?

日々いただくご相談の中には、「お店をたたむことを考えないといけなくなるかもしれない。。」

 

という深刻な悩みもあります。

 

でも、そんな中でもお客様の絶えない行列のできる店舗というのは存在します。

その多くが、店舗コンサルを導入していますね。

 

では、具体的に店舗コンサルって何をしてくれるんでしょうか?

今必ず必要になってるのが店舗コンサルだ!

店舗コンサル

店舗コンサルって一体何やるの?と思われるかもしれません。

 

店舗コンサルとは、

 

お店の売上げアップ

 

が最終目標になりますね。そのためには、インターネットの最大限の活用が効果的です。

 

すでに30店舗を成功に導いてきた私ですが、

こういっては何ですが、ちょっと地方を訪ねると、お店とインターネットがまだまだ繋がってない!

 

という印象が強いです。これは、お店の中にインターネット回線が繋がってない、という意味ではありません^^;

 

つまり、小規模店舗様がインターネットを活用できていないということです。

 

あなたがもしお店の売り上げに悩んでいるのなら、

従来の集客方法や、ズレたインターネットの使い方を続けていても、

 

売り上げが急増することはありません。

 

では従来のやり方の何が問題なんでしょうか?

チラシ・ダイレクトメールが読まれなくなった

ストレート過ぎて辛い現実を言ってしまいますが、

今ってチラシもダイレクトメールもほぼ読んでくれません。

 

どうしてかというと、現代人はすごく忙しいからです。

 

共働きも当たり前になってきました。

毎日生活に追われています。そんな中毎日郵便ポストに入ってくる

数枚のチラシ。

 

帰宅してすぐに夕飯を作らないといけない、子供の世話をしないといけない、

家事もしないといけない・・・

 

毎日いろんな業者から入ってくる4~5枚の紙チラシ。。。

 

時間のない見込み客にとっては、ゴミ箱に直行です。

 

こんな費用対効果の低い集客方法では、経費のムダになってしまいます・・・

より時代は1on1へ

次に、より時代は1on1へ。です。

 

1on1って何だ?ですが、「あなたのために」です。

 

現代は物やサービスははっきり言って飽和しています。

 

そんな世の中で属性の合わない商品やサービスを単に紹介しても、

見込み客の心に響かないのです。

 

抽象的でわかりにくいと思うので、一例を出します。

 

あなたが不動産会社だったとします。

 

不動産という商品を売る時に、

 

東京在住の人に大阪の不動産を売ってしまう

 

大阪在住の人に東京の不動産を売ってしまう

 

こういった売り方って「属性が合っていないのです」