今回は公式LINEの自動返信機能の使い方と設定方法を

詳しく解説します。

 

自動返信機能の使い方の意味ややり方をマスターすると、

とっても便利ですし、メリットも大きいです!

公式LINEの自動返信はどんな時に使う?

今やLINEはほとんどの日本人が使っているのではないでしょうか?

 

10代~60代ぐらいの世代までなら、コミュニケーションツールは

ほとんどLINEだという人も珍しくありません。

 

店舗側も、毎回電話で呼び出されて今対応しているお客様を待たせるよりも、

公式LINEを使い、自動でできる所は自動で応答したほうが、

 

オーナー様やスタッフの労働時間の削減になるというメリットもあります。

 

このように、公式LINEの自動返信は、自動で問題ない所は自動でお客様対応し、

返信自体もスピーディーにして、顧客を逃さない、という使い方ができます。

 

では、公式LINEの自動返信機能の設定方法はどのようにやるのでしょうか。

公式LINE自動返信機能の設定

①公式LINEの管理画面にログイン。

その後、ページ上部の応答モードをクリックします。

 

②応答メッセージの所をオンでクリック。

応答メッセージ設定でメッセージを作成できます。

公式LINEの自動返信キーワード設定が便利!

公式LINEの自動返信機能でもっともすぐれているのが

キーワード設定です。

 

店舗オーナー様ですと、お客様からよくいただくお問い合わせの種類ってわかると思います。

 

そこで、例えば「予約したい」という問い合わせが今まで多かったのなら、

予約、とお客様がLINEしてくれたらそのキーワードに反応し、

 

公式LINEでグーグルカレンダーを呼び出せば、お客様はすぐに予約状況がわかり、

待たされずにイライラしませんし、見込み客を逃す可能性が低くなりますよね。

 

例えば、お店の予約窓口が電話しかない場合、お客様はお店の営業時間内に電話しないといけないし、

営業時間外で留守電になってしまうと、

 

「じゃあまたかけるのも面倒だしいいや!」とお客様を逃すことになります。

 

しかし、公式LINEのキーワード自動返信で、あらかじめお客様からの質問を設定しておき、

予約なのであれば、予約状況をすぐに公式LINEで提示することで、

 

お客さまの要望つまり欲求はすぐに満たされます。

 

このように、お客様の要望をすぐに満たしていくのが、これからのビジネスのやり方ですし、

スピーディーさが、顧客満足度向上になり、リピーターの増大にもつながるんですね。